beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルにワンチャン!? パリSGがFFP抵触で今月中にムバッペ放出の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルが獲得を目指すFWキリアン・ムバッペ

 フランス代表FWキリアン・ムバッペが今月中にパリSGから放出され、レアル・マドリードに加入する可能性が再浮上した。スペイン『アス』が伝えている。

 ムバッペは昨夏、モナコから1億8000万ユーロ(約232億円)買い取りオプションでパリSGにレンタル移籍。今シーズンは買い取りオプションを行使し、完全移籍となっていた。

 報道によると、現在、欧州サッカー連盟(UEFA)はパリSGがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に抵触しているか調査を進めており、今月末までに判決が下される。

 FFP違反が認められれば、高額で獲得したムバッペかネイマールのどちらかを売却して約2億5000万ユーロ(約322億円)を支払わなければ、今シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を剥奪される。リーガ・エスパニョーラの移籍市場は8月31日まで。このチャンスに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長がムバッペ獲得に動く可能性は十分にある。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP