beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベンゼマ2発にベイル9秒カウンター!! 先制されたR・マドリーが開幕2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

わずか9秒間でのカウンターゴールを決めたレアル・マドリーFWガレス・ベイル

[8.26 リーガ・エスパニョーラ第2節 ジローナ1-4R・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは26日、第2節3日目を各地で行い、レアル・マドリーは敵地でジローナと対戦した。マンツーマン気味の布陣で真っ向勝負をしかけてきた相手に対し、先制点を奪われる苦しい展開となったが、PK2本などで4点を奪取。4-1で勝利し、開幕2連勝を果たした。

 開幕節のヘタフェ戦に2-0で勝利したR・マドリーは4-2-3-1のフォーメーションを採用。先発1人を変更し、MFダニ・セバジョスに代わってMFカゼミーロが入った。対するジローナは中盤が人についていく4-2-3-1。18歳のDFペドロ・ポロらがスタメンに並んだ。

 先にスコアを動かしたのはジローナだった。前半17分、GKヤシン・ブヌのロングキックをFWアントニー・ロサノが落とし、ポロとのワンツーで一気に前へ。PA右寄りからのシュートはDFダニエル・カルバハルにブロックされたが、こぼれ球をMFホルヘ・ガルシアが豪快に蹴り込んだ。

 その後も中盤中央のMFアレックス・グラネルが流動的なポジションを取ったジローナが主導権を握る。ところが前半38分、R・マドリーは左サイドをFWガレス・ベイルが駆け上がり、MFイスコのシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾ったMFマルコ・アセンシオがPA内で倒されてPKを獲得する。

 キッカーはDFセルヒオ・ラモス。助走中に落ち着いたフェイントを見せて冷静にど真ん中に蹴り込み、前半のうちに同点に追い付いた。後半6分にも再びアセンシオが敵陣深くで倒され、2本目のPKを獲得。これをFWカリム・ベンゼマが右に流し込み、今季初ゴールが貴重な勝ち越し点となった。

 さらにR・マドリーは後半14分、先発を守り続けているGKケイラー・ナバスの遠投をセンターサークル付近で受け取ったイスコが前を向き、最終ライン裏にスルーパスを配給。ここに猛スピードで走り込んだベイルが相手DFを抜き去って左足で流し込み、起点となったGKからわずか9秒間のカウンターで追加点を陥れた。

 R・マドリーは後半15分、DFマルセロに代わってDFラファエル・バランを入れると、同32分にはイスコに代わってMFルカ・モドリッチを投入。そして同35分、右サイドを突破したベイルのクロスにベンゼマが合わせて4点目を奪い、そのまま試合を締めたR・マドリーが4-1で逆転勝利を果たした。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP