beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ネイマールがバルサ移籍騒動を自ら“火消し”

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWネイマールがバルセロナ移籍を自ら否定

 パリSGのFWネイマールバルセロナ復帰の噂を否定した。ブラジル『グローボ・エスポルチ』が伝えている。

 2017年夏に史上最高額の2億2000万ユーロ(約285億円)でパリSGに移籍したネイマール。しかし、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、リーグアンのレベルや競争力に不満を持ち、より高いレベルでのプレーを望んでいるとみられる。

 ブラジル代表エースはパリSG移籍後もバルセロナ幹部と頻繁に連絡を取っており、FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレス、DFジェラール・ピケといった主力選手とも良好な関係を維持しているという。また、スペイン『ムンド・デポルティボ』がバルセロナのファンにアンケートを取ったところ、半数以上が復帰を歓迎していることも分かった。

 ただ、ネイマール自身は現時点でバルセロナに復帰するつもりはないようだ。ブラジル『グローボ・エスポルチ』によれば、ネイマールはインスタグラムで移籍の可能性を報じる新聞に「フェイクニュース」というスタンプを付けた動画を公開。バルセロナ復帰の噂を自ら打ち消している。

●フランス・リーグアン2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP