beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

8強出揃う…埼スタ進出をかけて流経大柏は秋田商、青森山田は矢板中央と激突

このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸内は日本航空と戦う(写真協力『高校サッカー年鑑』)

 3日、第97回全国高校サッカー選手権の3回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

 昨年度準優勝の流通経済大柏高(千葉)は秋田商高(秋田)と対戦。2年ぶり優勝を狙う青森山田高(青森)は、昇格1年目でプリンスリーグ関東を制した矢板中央高(栃木)と戦い、王者・前橋育英を下した尚志高(福島)は帝京長岡高(新潟)、初出場・瀬戸内高(広島)は日本航空高(山梨)とそれぞれ戦う。

 準々決勝は5日に等々力陸上競技場とフクダ電子アリーナの2会場で開催。これを勝ち抜けば、いよいよ埼玉スタジアム決戦へと突入する。

【準々決勝】
(2019年1月5日)
[等々力陸上競技場]
青森山田高 12:05 矢板中央高
尚志高 14:10 帝京長岡高

[フクダ電子アリーナ]
秋田商高 12:05 流通経済大柏高
瀬戸内高 14:10 日本航空高


●【特設】高校選手権2018

TOP