beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「森保さんが伝えたかったこと」を体現した南野のファインプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点をアシストしたMF南野拓実

[1.28 アジア杯準決勝 日本3-0イラン アルアイン]

 諦めない姿勢が得点につながった。0-0で折り返した後半11分、MF柴崎岳の縦パスを受けたFW大迫勇也が左サイドへスルーパス。走り込んだ日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)はDFホセイン・カナーニと交錯し、転倒した。

 主審はプレーを流していたが、イランの選手たちはプレーを止め、ノーファウルを主審にアピール。南野のシミュレーションを主張したかったのか、5人の選手が主審に詰め寄る中、南野はすぐに起き上がってボールに追いつき、右足でゴール前にクロス。これを大迫がヘディングで叩き込んだ。

 試合後のフラッシュインタビューで南野は「僕がこけたときに相手の足が止まったのが分かった。笛も鳴っていなかったし、サコくん(大迫)がしっかりと中で決めてくれたので良かった」と振り返ったが、このファインプレーに森保イズムが凝縮されていた。

 南野と2列目を形成するMF原口元気が「森保さんは常に『プレーを止めるな』『続けよう』と言っている。そこを表現してくれた良いシーンだった。(南野)拓実が続けたことで先制点を取れた」と絶賛すれば、MF堂安律も「献身的なプレーでゴールになった。素晴らしいプレーだった」と言う。

 DF冨安健洋は「森保さんが伝えたかったことが形になった。練習中からタッチラインを割っていても『やれよ』と言われるし、ミスが起きたとしてもゴールになるまで分からないと常に言われている」と明かす。泥臭く、最後まで諦めない。森保監督が求める不屈の精神を体現したゴールだった。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP