beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ワールドクラスのゴール乱発!VIP躍動の神戸がG大阪に大逆転勝ち!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸がG大阪に逆転勝ちした

[3.30 J1第5節 G大阪3-4神戸 パナスタ]

 ヴィッセル神戸が敵地でガンバ大阪に4-3で逆転勝ちした。チケット完売の一戦でパナソニックスタジアム吹田の最多観衆記録を更新する3万7076人を集めた試合での迫力のある打ち合いを制した。

 前半10分、先制点を決めたのはG大阪だった。MF小野瀬康介の右クロスをFWアデミウソンのゴラッソでスコアを動かすと、さらに同24分にはMFアンドレス・イニエスタからボールを奪ったDF菅沼駿哉のラストパスを受けたFWファン・ウィジョがGK前川黛也の股下を抜くシュートを決めて、点差を広げる。

 神戸も前半45分、イニエスタが左サイドから蹴ったFKが浮き球になってこぼれると、ファーサイドのFWルーカス・ポドルスキが左足ダイレクトで合わせて反撃。そして後半9分には左サイドでポドルスキがMF高宇洋との競り合いでボールをキープ。エリア内に入ってクロスを上げると、FWダビド・ビジャが難なく頭で合わせて、試合を振り出しに戻す。

 しかしG大阪は後半27分、ファン・ウィジョのシュートは前川の横っ飛びセーブに阻まれたが、跳ね返りをMF遠藤保仁がダイレクトで折り返すと、MF倉田秋が流し込んで勝ち越しに成功。だが同34分、今度は神戸がポドルスキのワールドクラスのフィードで裏を取ったFW古橋亨梧の折り返しを、途中出場のFW田中順也が蹴り込んで、再び同点に追いついた。

 決着がついたのは後半44分、右サイドでボールを奪った古橋がグラウンダーのクロスを入れると、田中がゴール左に流し込んで、逆転勝ちを決める決勝点を奪った。ワールドクラスのプレーの応酬となった迫力のある点取り合戦は、神戸に軍配が上がった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP