beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「1000回は言ってきたが彼らは素晴らしいチーム」グアルディオラが“ケインだけではない”トッテナムを警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼップ・グアルディオラ監督

 マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督は、トッテナムが“ハリー・ケインだけのチームではない”と警戒心を強めた。

 今シーズン、UEFAチャンピオンズリーグの優勝候補の一角としてここまで盤石な戦いを見せるマンチェスター・Cは、9日のCL準々決勝でプレミアリーグのライバルであるトッテナムと対戦する。この試合を前にグアルディオラ監督は、対戦相手についてストライカーのケインだけではない手強い相手だと主張した。

「トッテナム・ホットスパーはハリー・ケインだけのチームではない。このクラブは強豪だ。裏への動きやフィジカルの強さ、ビルドアップ、セットプレー、中盤やサイドでのプレー、彼らには多くのポテンシャルがある。イングランドに来てから1000回は言ってきたと思うが、とても素晴らしいチームだ。しかし、その中でもハリー・ケインは誰もが認める最高のストライカーだ」

また、グアルディオラ監督は敵地でのファーストレグを0-3で落とし、最終的に2試合合計1-5で敗れた昨シーズンのCL準々決勝のリヴァプール戦を教訓にしたいと話した。

「昨シーズン、最初の3本のシュートで3ゴールを許してしまった。明日、(クリスティアン)エリクセン、ソン(フンミン)、デレ・アリ、ケインを好き勝手にさせれば、同様に3本のシュートで3ゴールを奪われてしまうだろう。この大会のレベルは本当に高く、昨シーズンのようなことが今シーズンも起こるかもしれない」
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP