beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元“モウリーニョの右腕”がJリーグ参戦か?英記者「良いオファーがあれば…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドレ・ビラス・ボアス氏がJクラブの監督に?

 かつてチェルシートッテナムなどを指揮したアンドレ・ビラス・ボアス氏(41)が、Jリーグクラブの監督に就任するかもしれない。

 英『デイリー・スター』によると、英国人ジャーナリストのダンカン・キャッスルズ氏は、ビラス・ボアス氏の新天地候補にセルティックが挙がっているとしつつ、「彼が将来、指揮を執ってみたいと思う国の1つは日本だ。彼はJリーグのクラブで指揮する機会があれば喜んで向かうだろう」と、日本行きの可能性について言及した。

「昨年バルセロナからアンドレス・イニエスタを獲得したヴィッセル神戸のように、資金力のあるクラブもある。日本から良いオファーがあれば、彼はセルティックよりも日本に行くことを選ぶと思うよ」

 ポルトやチェルシー、インテルでジョゼ・モウリーニョ氏の右腕として多くのことを学んだビラス・ボアス氏は、2017年11月に上海上港の監督を退任して以降、モータースポーツに挑戦。だが、監督業復帰を希望しており、過去にFIFAのインタビューで「新たな文化を経験してみたいと思っている。日本やブラジルで指揮を執ってみたい」と語っていたこともあった。

 なお、キャッスルズ氏が具体例として挙げた神戸は、17日にフアン・マヌエル・リージョ監督との契約を解除。後任に吉田孝行氏が就任することが発表された。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP