beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プロ初ゴールが値千金決勝弾!!笑顔、笑顔の広島ルーキー荒木「気持ちいい初ゴールになりました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールを喜ぶ荒木隼人(左)と森島司

[4.23 ACL第4節 大邱0-1広島]

 サンフレッチェ広島のルーキーDF荒木隼人が値千金の大仕事だ。敵地で大邱FC(韓国)を1-0で下した広島は3連勝で勝ち点9。グループFで首位に立ち、グループリーグ突破に大きく前進した。

「気持ちいい初ゴールになりました」。関西大から加わった22歳ルーキーが笑顔を弾けさせた。

 この試合唯一のゴールとなったのは前半34分、左サイドで獲得したCKをMF森島司が蹴ると、ニアに走り込んだ荒木がダイビングヘッドで合わせる。「練習通り。モリシに感謝しないといけない」。韓国代表GKチョ・ヒョヌも反応しきれない高速シュートがゴールに突き刺さった。

 守っても大邱のあたりの強い攻撃を跳ね返し続けた。4月10日のホームでの対戦に続く完封劇。「無失点は良かった」とこれについても笑みをこぼした荒木。「全員で守備をした結果。全員でハードワークしたところが良かった」と胸を張った。

 次節は5月8日。ホームに2位の広州恒大(中国)を迎える。勝てば自力でグループリーグ突破が決まる一戦になる。荒木も「突破が決まったわけではない」と気を引き締めると、「次は広州。アウェーでやられてしまったので、全員でいい準備をしたい」と意識を高めた。

●ACL2019特設ページ

TOP