beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎Fの自力突破に追い風…フッキ擁する2位上海上港はドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

上海上港FWフッキ

[4.23 ACLグループH第4節 上海上港2-2シドニーFC]

 AFCチャンピオンズリーグは23日、グループリーグ第4節を各地で行い、元ブラジル代表FWフッキを擁する上海上港(中国)がシドニーFC(オーストラリア)と2-2で引き分けた。同日、蔚山現代(韓国)とのホームゲームに引き分けた川崎フロンターレにとっては望ましい結果となった。

 シドニーFCは前半33分、MFブランドン・オニールのゴールで先制したが、上海上港は後半2分にFWエウケソンが決めて同点。同14分、DFワン・シェンチャオのゴールで上海上港が勝ち越すも、直後の同17分にFWアダム・ルフォンドルが取り返し、2-2のドローに終わった。

 H組は2試合を残し、勝ち点8の蔚山現代が首位。勝ち点5の上海上港、勝ち点4の川崎F、勝ち点3のシドニーFCが追っている。川崎Fは残り2試合に2連勝すれば自力でグループリーグ突破が決まるという状況になった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ACL2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP