beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東大会予選]「集中力が切れなかった」。武南は全5試合無失点で埼玉制覇

このエントリーをはてなブックマークに追加

武南高は無失点V。最後の砦、大型GK渡辺海斗がゴール前に立ちはだかった

[4.29 関東大会埼玉県予選決勝 武南高 1-0(延長)浦和東高 埼玉第2]

 武南高は延長戦となった決勝戦を含む全5試合無失点。守備の安定が7年ぶりとなる関東予選タイトルを引き寄せた。

 内野慎一郎監督は「宝満中心によくやってくれた。集中力が切れなかった」とコメント。決勝で対戦した浦和東は速攻やロングスローなどのセットプレーから1点を目指してきたが、武南はDFラインの柱・CB宝満朋矢(3年)や接触プレーを恐れずに前に出ていた大型GK渡辺海斗(3年)を中心に決勝も被シュート4本、無失点で勝ち切った。

 これまでは対戦相手のロングボールに苦しむシーンもあったというが、ゲーム主将の左SB安野天士(3年)は守備陣安定の要因について「バックラインの声がちょっと出るようになったことと、両SBとかCBのカバーの意識がよくなったのが良かったと思います」と語る。DFラインは決して高さがある訳ではない。それでも、セカンドボールへの予測、対応の速さなど意識していた部分が決勝でも発揮されていた。

 課題は運動量が落ちた時間帯にドリブルで打開されるシーンがあったこと。これについては安野も反省し、相手アタッカーとの距離を取りすぎてしていた部分も改善点に挙げていた。安野は「相手が外してくれたのでそれは良かったんですけれども、そこをもっとみんなで声をかけて守備できればいいなと思います」。関東大会で対戦する相手はよりレベルが上がるはず。関東大会予選の結果に満足することなく、より隙を潰して本大会でも無失点を継続する。

(取材・文 吉田太郎)

TOP