beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ氏も脱帽、クロップ監督あっての“奇跡”と主張「これぞユルゲンだ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏が、バルセロナを大逆転してUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝に導いたリバプールのユルゲン・クロップ監督を称えている。

 リバプールは敵地での第1戦を0-3で落としたものの、7日に行ったホームでの第2戦を4-0で勝利。見事、2年連続となる決勝の舞台に進んだ。決勝は6月1日にスペイン・マドリードのエスタディオ・メトロポリターノで行われ、トッテナムとアヤックスの勝者と対戦する。

 『ミラー』によると、『beINSPORTS』で解説したモウリーニョ氏は「これぞユルゲンだ!彼のパーソナリティを反映した結果だよ。決して諦めず、ファイティングスピリットを持ち続けるんだ」と絶賛。「今日私が考えていたことはすべてユルゲンのメンタリティについてだった」とクロップ監督あっての“奇跡”だと主張した。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP