beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿島DF安西にポルトガル移籍の可能性…ファンからはもう1人の鹿島選手の獲得を推す声も

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島DF安西幸輝にポルトガル移籍の可能性

 鹿島アントラーズ日本代表DF安西幸輝(24)に対し、ポルトガル・リーグ1部のポルティモネンセが興味を示しているようだ。

 ポルトガル『ア・ボラ』によると、ポルティモネンセのホジネイ・サンパイオ会長が新シーズンに向けた選手補強を目的に日本を訪れており、そのターゲットの1人が安西になっているという。

 東京Vの下部組織出身の安西は2014年にトップチームへ昇格し、昨季に鹿島へ完全移籍。サイドバックと中盤の両サイドでプレーでき、今季は左サイドバックを主戦場にJ1リーグ戦15試合で3得点を記録している。また、今年3月のキリンチャレンジカップで日本代表に初招集。同22日のコロンビア戦で終盤に途中出場し、A代表デビューを飾っている。

 ポルティモネンセは2017-18シーズンに1部昇格を果たし、同シーズンは10位、2018-19シーズンは12位で残留。今冬までMF中島翔哉(アルドゥハイル)が所属し、現在はGK権田修一やMF亀倉龍希がプレーしている。

 ポルトガル『ア・ボラ』の同記事のコメント欄には、安西の獲得を「素晴らしい」と歓迎する声や、同僚MF三竿健斗の加入も望む声などが寄せられているようだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ポルトガル・リーグ2018-19特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP