beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チリの“正真正銘”連覇ならず…ペルーがブラジルとの決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペルーがチリに3発快勝した

[7.3 コパ・アメリカ準決勝 チリ0-3ペルー]

 コパ・アメリカの準決勝が行われ、ペルー代表がチリ代表を3-0で下した。ペルーが前半21分にFWエディソン・フローレスのゴールで先制すると、同30分にはDFジョシマール・ジョトゥンが追加点。終了間際には前がかりとなったチリにFWパオロ・ゲレーロがトドメを刺すゴールを決めた。

 15年チリ大会を制覇し、16年にアメリカで行われた記念大会も制していたチリだったが、0-3で完敗。後半アディショナルタイム7分にはFWエドゥアルド・バルガスがパネンカでPKを狙うも、GKにキャッチされた。先日、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が「16年は記念大会であり、チリは連覇していない」という驚きの公式見解が出されたと報じられたチリ。正真正銘の連覇を目指した戦いになっていたが、4強で幕を閉じた。

 決勝カードはブラジル対ペルーに決定。日本時間8日5時キックオフ。チリは日本時間7日4時キックオフのアルゼンチンとの3位決定戦に回る。

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集

TOP