beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

4位で前半戦を折り返した水戸、白井2戦連発弾などで長崎に競り勝ち後半戦白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.13 J2第22節 水戸2-1長崎 Ksスタ]

 水戸ホーリーホックがホームでV・ファーレン長崎を2-1で下した。水戸は5試合ぶりの白星。長崎は2連敗となった。

 前半戦を4位で折り返した水戸が、後半戦を白星発進で決めた。先制点は後半9分にMF木村祐志が左サイドで前を向くと、パスを受けたMF白井永地が右足を一閃。鮮やかなミドルシュートをゴールネットに突き刺した。白井は2試合連続ゴール。

 さらに水戸は後半33分、左サイドからのCKがゴール前流れると、MF志知孝明が左足ダイレクトで合わせて流し込む。このゴールでリードが2点に広がった。

 長崎も後半43分に途中出場のFW長谷川悠が押し込んで反撃の1点を決める。ただ後半アディショナルタイムのFW玉田圭司の決定機がGK松井謙弥の好セーブに遭うなど、同点弾が生まれることはなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP