beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GK倉持がPK戦で連続ストップ!!丸岡が矢板中央を振り切り3回戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸岡の選手たちがGK倉持一輝(3年)のもとへ駆け寄る(写真協力=高校サッカー年鑑)

[7.27 総体2回戦 丸岡1-1(PK3-2)矢板中央 北谷公園陸上競技場(ローン)]

 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」男子サッカー競技(沖縄)は27日、2回戦を行い、北谷公園陸上競技場(ローン)の第2試合では丸岡高(福井)が矢板中央高(栃木)と対戦し、1-1からのPK戦を3-2で制した。

 前半は互いにシュートも少なく、0-0のまま折り返すと、試合は後半に動いた。まずは後半26分、丸岡はFW明間希(3年)の左クロスをファーサイドから飛び込んだMF中村晃大(2年)が豪快なヘディングシュート。丸岡が先制に成功したが、矢板中央も直後の28分、MF靏見拳士朗(3年)がPA左手前から右足で鮮やかな直接FKをゴール左隅に沈め、すぐさま同点に追いついた。

 試合は1-1のままPK戦に突入した。後攻の矢板中央は1人目の靏見、2人目のFW多田圭佑(2年)が連続失敗。いずれも丸岡GK倉持一輝(3年)が防いだ。一方、先攻の丸岡も3人目のDF藤本輝晶(3年)がGK溝口陽日(3年)に止められ、決めれば勝ちの状況で迎えた5人目のFW田海寧生(3年)も溝口のビッグセーブに阻まれた。

 背番号10のキャプテンはピッチに膝をついてうなだれるが、後攻5人目、矢板中央DF長江皓亮主将(3年)のキックは大きくクロスバーを越え、激闘は決着した。PK3-2。丸岡がベスト16入りを決め、28日の3回戦では桐光学園高(神奈川)と対戦する。

●【特設】高校総体2019
★夏季インターハイ全試合配信!試合動画はこちら

TOP