beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保欠場のゲントが攻撃爆発…オイペンは豊川がCKから今季初アシストも2連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太は後半13分に途中出場

[8.4 ベルギー・リーグ第2節 ゲント6-1オイペン]

 ベルギー・リーグ第2節が4日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントはホームでFW豊川雄太所属のオイペンと対戦し、6-1で勝利した。1日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦で先発出場していた久保はベンチスタート。そのまま出番なしとなった。同じくベンチスタートの豊川は後半13分に途中出場。追撃弾をアシストしたが、チームは開幕2連敗を喫した。

 オイペンは開始からゲントの猛攻を浴び、前半だけで4失点。豊川は後半13分にFWフラビオ・チャンピケッティとの交代でピッチへ送られる。同19分に左CKのキッカーを務めると、右足で蹴り込んだクロスからニアのDFシーベ・ブロンデレがヘディング。これがネットを揺らし、今季初アシストを記録した。

 しかし、チームは後半45分と同アディショナルタイム2分にもゴールを許して1-6。開幕戦のアントワープ戦(1-4)に続く大量失点で2連敗となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP