beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖FWトーレスが佐賀県の「SSPアンバサダー」に就任!次世代アスリート育成に助言

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWフェルナンド・トーレス

 佐賀県は20日、サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスのSSPアンバサダー就任式を行った。「PRタイムズ」が伝えている。

 2018年度より「SSP(SAGAスポーツピラミッド)構想」に取り組んでいる佐賀県。山口祥義知事はこの度、トーレスにアンバサダー委嘱状を交付した。

「SSP構想」とは、佐賀から世界に挑戦するアスリートの育成を通じて、スポーツ文化の裾野を拡大し、アスリート引退後は指導者となり次世代のアスリートを育てる好循環の確立を目指す独自の取り組みだ。トーレスには、次世代アスリートの育成、スポーツが地域に根差した地域づくりに関する助言・協力などを依頼するとしている。

 トーレスは、アンバサダー就任に際して以下のようにコメントしている。

「佐賀に来てから皆さんからたくさんの愛をいただいた。これから全力で佐賀の子どもたちがスポーツを通じていろんなことができるようにしたい。SSP構想を実現できるように協力していきたい」

 なお、SSPアンバサダーに就任したのはトーレスで4人目。埼玉西武ライオンズの辻
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP