beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ氏がレアル復帰を希望?不安定な戦い続きのジダン後任に名乗りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼ・モウリーニョ氏がレアル復帰を希望か

 ジョゼ・モウリーニョ氏がレアル・マドリー復帰を望んでいるようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

 2018年12月に2シーズン余りを率いたマンチェスター・ユナイテッドの職を解かれたモウリーニョ氏。以降、9か月にわたり無所属の状態が続く同指揮官は現在、再びベンチに座るチャンスを見据えつつ、イギリス『スカイ・スポーツ』の解説者として働く。

 今夏の現場復帰を目指していたモウリーニョ氏は、これまでにモナコ、リール、ボルフスブルク、シャルケ、ミランなどからのオファーを拒んだと報じられており、パリSGやユベントス、バイエルン行きを模索していた模様。しかし、3つのビッグクラブは続投や他の指揮官と契約を結び、同氏の願いは実現せずに今季開幕を迎えた。

 そんな中、現在、モウリーニョ氏が最も興味を持っている職がレアル指揮官のようだ。今季、ここまでリーグ戦で首位に立つも、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ではパリSGに完敗を喫するなど、浮き沈みのあるジネディーヌ・ジダン監督へ疑問の目が向けられており、解任の噂まで浮上する。

 先日には『Deportes Cuatro』で「今、マドリーに戻る気はない。なぜなら彼らには監督がいるし、監督のいるチームを指導できるわけがない。私の名前が後任に浮上することも好きじゃない」とイギリス『BBC』などが報じた噂を否定。しかし、レアルからコンタクトがあれば喜んで受け入れる考えがあると同指揮官の関係者への取材で判明した。

 28日に敵地でアトレティコ・マドリーとの“マドリーダービー”、その後にCLクラブ・ブルージュ戦とレアルにとって重要な試合が続く中、結果次第ではジダン監督の去就騒動が過熱する可能性もある。モウリーニョ氏はその動向を注視することになりそうだ。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP