beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎慎司がスペイン初ゴール!! 浮き球を右足スーパーボレーで決勝点

このエントリーをはてなブックマークに追加

初ゴールを決めたウエスカFW岡崎慎司

[9.28 スペイン2部第8節 ウエスカ1-0ジローナ]

 スペイン2部リーグは28日、第8節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカジローナとの昇格組対決を行った。3試合連続の先発出場を果たした岡崎は前半43分、左からのクロスをアクロバティックに押し込み移籍後初ゴールを記録。これが決勝点となり、チームは1-0で勝利した。

 直近2試合を連続フル出場で迎えた第8節、これまでと同じ4-1-4-1の1トップで先発した岡崎に待望の初ゴールが生まれた。前半43分、左サイドからのクロスをMFダビド・フェレイロが頭で折り返すと、右足で戻りながらトラップした岡崎は浮き球をそのままボレーシュート。これをゴール右上隅へと豪快に叩き込んだ。

 加入後5試合目でのスーパーボレー弾で先制したウエスカは後半も優勢を保ち、岡崎にも次々にチャンスが訪れる。後半39分、ヘディングシュートは惜しくもゴールに至らなかったが、そのまま試合は終了。1-0でエストレマドゥーラを下した前節に続き、2試合連続での完封勝利を収めた。チームはこれで暫定3位に浮上した。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP