beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“大阪ダービー”のフェアプレー宣言中にブーイング…G大阪が声明「非常に遺憾」

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真は昨年の“大阪ダービー”

 ガンバ大阪は2日、9月28日にヤンマースタジアム長居で行われたJ1第27節・セレッソ大阪戦において、キックオフ直前のフェアプレー宣言でビジターゴール裏からブーイングが発生したことを発表した。

 クラブ発表によると、一部のサポーターによるブーイングは、一選手に向けたものが発端だという。だが、フェアプレー宣言中に行われたことにより、クラブは「非常に遺憾に思っております」と声明を発表している。

「ガンバ大阪を応援して頂いているサポーター・ファンの皆様、スポーツを愛する多くの皆様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。応援を統率するサポーターともこの件について話をしており、今後、このような行為が行われないよう、サポーター・クラブが一体となり努めて参ります」

 なお、試合は1-3でG大阪が敗れた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP