beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

梅崎司「自分たちらしくない」パワハラ騒動、チョウ監督不在の影響「ゼロだと言えば嘘」

このエントリーをはてなブックマークに追加

途中出場したMF梅崎司

[10.6 J1第28節 湘南0-5川崎F BMWス]

 湘南ベルマーレチョウ・キジェ監督のパワハラ行為認定後、初の公式戦に臨んだが、またも守備が崩壊した。前半の4失点をベンチで見守ったMF梅崎司は「自分たちらしくないなあと。エネルギーを感じられない。自分たちを信じて戦えていないと思う」と言葉を選びながら話した。

 ホームで2試合連続の大量失点。「原点というものが薄れているのかなと思いました」。8月12日のパワハラ疑惑報道を受け、チョウ監督が活動を自粛。Jリーグの調査が約2か月と長引いた末に今月4日、選手・スタッフへのパワハラ行為が認定された。5試合の出場資格停止の処分が解けたが、同監督は指揮を自粛。今節も高橋健二コーチが指揮を執った。

「監督はすごいエネルギーですし、正直、僕たちに与える影響がゼロだと言えば、それは嘘になる。それでも、これまで学んだことを選手一人ひとりが自覚して、ピッチの上で発信しないといけない」

 総得点数で上回った湘南は15位に踏み止まったが、プレーオフに回る16位鳥栖と勝ち点、得失点差で並んだ。自動降格圏の17位松本にも3差で追われ、降格の危機に瀕している。チーム最年長の梅崎は「自分自身がエネルギーを出して、チームを変えるんだという思いを持って取り組む」と立て直しを誓った。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第28節3日目 スコア速報

TOP