beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

台風の影響でVAR取り止め…ルヴァン杯準決勝・鹿島vs川崎Fは追加副審を採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島vs川崎Fでビデオ・アシスタント・レフェリーは使えず

 Jリーグは13日、本日開催予定のルヴァン杯準決勝第2戦、鹿島アントラーズ川崎フロンターレにおいてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を取り止め、追加副審を採用することを発表した。

 今回の発表によれば、通常通りの開催および放送に向けて最大限準備を進めてきたが、台風19号の影響でJリーグ公式映像制作の機材・スタッフの準備が困難となり、当初予定より少ないカメラ台数での映像制作となったとのこと。そのため、VARの実施が難しくなったようだ。

 なお、試合は県立カシマサッカースタジアムで午後7時キックオフを予定。今月9日に行われた第1戦では、ホームの川崎Fが3-1で先勝していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP