beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

29年ぶりの平壌開催、韓国でのTV中継なし…北朝鮮は“DVD”で映像提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

会見に臨んだ韓国代表のパウロ・ベント監督ら

 15日に平壌で29年ぶりに北朝鮮代表と韓国代表が対戦するが、この試合は韓国で生中継されないようだ。韓国『スポーツ・ソウル』が伝えた。

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で北朝鮮代表と同じグループに入った韓国代表。1990年10月11日以来、29年ぶりの平壌遠征となるが、韓国取材陣はシャットアウト、さらに北朝鮮側と中継の交渉を進めてきたが、最終的に決裂に終わり、韓国国内で生中継されないことが決まった。

 だが、同メディアによれば、録画中継という形でファンに公開される可能性があるという。北朝鮮側がチェックした後、試合映像を収めたDVDを韓国代表団が帰国する前に提供する考えを明らかにした。

 韓国代表は試合翌日の16日午後に平壌を離れ、北京を経て帰国する予定。韓国代表が出場するワールドカップ予選でTV中継がないのは34年ぶりのことだという。

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP