beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鈴木優磨が2試合連続の決勝弾!!シントトロイデンの今季初2連勝導く3得点目

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW鈴木優磨が再び決勝ゴール

[11.2 ベルギー・リーグ第14節 シントトロイデン1-0オーステンデ]

 ベルギー・リーグ第14節が2日に行われ、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、FW伊藤達哉の所属する10位シントトロイデンはホームで14位オーステンデと対戦し、1-0で勝利した。3試合連続スタメンの鈴木は後半11分に2戦連発となる今季3得点目を記録。90分間プレーし、今季初の2連勝に貢献した。シュミットは13試合連続で先発フル出場。ベンチスタートの伊藤は出番なしとなった。

 10月30日の前節メヘレン戦(○2-1)で決勝ゴールを挙げていた鈴木。3戦連続でスタメンに名を連ねると、この試合でも魅せた。

 スコアレスで迎えた後半11分、MFサンティアゴ・コロンバットのインターセプトを起点にFWアラン・ソウザがクロスを供給。勢いよく走り込んだ鈴木がヘディングで押し込み、均衡を破った。

 鈴木は2試合連続弾で今季3ゴール目。シントトロイデンはこの1点を守り抜き、今季初の連勝を飾った。次節は3連勝を懸け、DF植田直通の所属するセルクル・ブルージュとのアウェーゲームに臨む。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

TOP