beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:帝京大可児高(岐阜)

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京大可児高は上位進出を果たすか

第98回全国高校サッカー選手権

帝京大可児高(岐阜)

帝京大可児高関連ニュース


帝京大可児高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 0-1 大手前高松高(香川)
■出場回数
2年ぶり6回目
■過去の最高成績
3回戦敗退(17年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場6回
■監督
仲井正剛
■主将
DF神戸政宗(3年)
■今季成績
[総体](全国2回戦敗退)
県決勝 2-0 中京学院大中京高
全国1回戦 2-0 北海高(北海道)
全国2回戦 0-0(PK4-5)徳島市立高(徳島)
[リーグ戦]
プリンスリーグ東海4位(8勝1分6敗、第15節終了時)
[新人戦](県4強)
県準決勝 0-1 岐阜工高

■予選成績
3回戦 14-0 岐山高
4回戦 11-0 土岐商高
準々決勝 5-0 東濃実高
準決勝 2-0 大垣日大高
決勝 3-0 各務原高
■都道府県予選決勝布陣図&決勝メモ
[4-5-1]
       松下人樹
渡邊寿樹也        横井内壮
       関根空     
    冨田崚太  遠藤颯
伊藤蓮          神戸政宗
    前川文哉 水野宙生 
       安江翼

[決勝メモ]
 公立の強豪校・各務原高との決勝戦。序盤は各務原にペースを握られた帝京大可児だったが、前半33分、FW渡邊寿樹也(3年)がPKを獲得。これをMF関根空(3年)が技ありシュートで決めて先制点を奪う。後半3分にDF神戸政宗主将(3年)のロングスローからFW松下人樹(2年)が加点すると、試合終了間際にもCKを交代出場のDF犬飼叶都(3年)が決め、3-0で2年ぶりの優勝を勝ち取った。

■予選取材記者(森田将義氏)チーム紹介
勝負強さ身に付け、上位へ
 ボールを保持するテクニカルなサッカーがチームの代名詞だが、近年は大一番での勝負弱さが目立ち、選手権への出場は昨年までの6年間で1度のみ。今年は7年ぶりに復帰した仲井正剛監督の下、勝負に拘る姿勢に拘ってきた。DF前川文哉(3年)とDF水野宙生(2年)のCBコンビを中心にボールを動かすスタイルは今まで通りだが、得点を奪うため果敢に縦を狙うのは今年らしさの一つ。右SB神戸政宗主将(3年)の上がりを交えながら、MF渡邊寿樹也(3年)とMF横井内壮(3年)の二枚看板が思い切りよく仕掛けるサイドアタックは選手権でも相手の脅威となるはずだ。インターハイの2回戦で徳島市立高(徳島)の堅守を崩せずPK負けを喫してからは、何が何でも得点を奪うため、神戸のロングスローなど飛び道具にも磨きをかけてきた。上手いチームではなく、強いチームであることを証明するために、選手権での躍進を誓う。

編集部+α
 サッカー部の創部は03年。歴史は浅いが、全国中学校大会優勝歴を持つ帝京大可児中との中高一貫指導で個を育成し、力をつけてきた。FW杉本太郎(現松本)やMF三島頌平(現岐阜)を擁した13年度のインターハイでは、國學院久我山高(東京)などを破って8強入り。前回選手権に出場した17年度大会では2勝を挙げてベスト16入りしている。今年はプリンスリーグ東海で静岡県勢と渡り合い、上位争い。選手権で結果を残す。
■予選取材記者(森田将義氏)注目選手
スイッチ役も担うエアバトラー
DF前川文哉(3年)
「182cmの高さを活かした跳ね返しが光るCBだが、貢献は守備だけに留まらない。自陣からロングフィードで攻撃のスイッチを入れる」

“帝可児のスピードスター”
MF渡邊寿樹也(3年)
「圧巻のスピードでサイドから見せ場を作るドリブラー。攻撃に勢いを与える切れ味鋭い突破は一見の価値あり」

勝負強さ持つマルチアタッカー
MF横井内壮(3年)
「巧みなボールキープで周囲を活かしながら、カットインでゴールに迫るマルチなアタッカー。ここぞの場面で見せる勝負強さも魅力だ」

■過去の全国大会成績
【17年度 第96回(3回戦敗退)】
1回戦 3-0 徳島北高(徳島)
2回戦 3-2 滝川二高(兵庫)
3回戦 0-5 上田西高(長野)
【12年度 第91回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 和歌山北高(和歌山)
2回戦 0-0(PK3-4)鵬翔高(宮崎)
【11年度 第90回(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 奈良育英高(奈良)
【10年度 第89回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 立正大淞南高(島根)
【06年度 第85回(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 福知山成美高(京都)
2回戦 0-3 鹿島学園高(茨城)

■登録メンバーリスト
1 GK 安江翼(3年)
2 DF 神戸政宗(3年)
3 DF 犬飼叶都(2年)
4 DF 水野宙生(2年)
5 DF 前川文哉(3年)
6 DF 伊藤蓮(3年)
7 MF 関根空(3年)
8 MF 冨田崚太(3年)
9 FW 松下人樹(2年)
10 FW 渡邊寿樹也(3年)
11 MF 大石峻暉(3年)
12 DF 糸魚川虎太郎(3年)
13 MF 杉江杏介(3年)
14 MF 横井内壮(3年)
15 MF 小宅空大(2年)
16 MF 遠藤颯(2年)
17 GK 牧田修希(3年)
18 MF 三品直哉(1年)
19 MF 大森涼(2年)
20 FW 藤村海那汰(3年)
21 DF 後藤健太(3年)
22 FW 森崎大地(3年)
23 DF 堀渕拓未(3年)
24 DF 佐藤正幸(3年)
25 GK 古川明日(2年)
26 MF 黒田翼(3年)
27 DF 野尻大晴(3年)
28 FW 高橋龍斗(3年)
29 DF 松尾玲(3年)
30 DF 山浦颯(3年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2019

TOP