beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“リバプール選手たちが南野獲得を熱望”は本当? 南野の脅威を身近に感じた左SB「僕は言っていないが、もしそうなら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW南野拓実とマッチアップしたDFアンドリュー・ロバートソン

 リバプールの左サイドバックを務めるDFアンドリュー・ロバートソンが日本代表FW南野拓実の加入を歓迎している。英『リバプール・エコー』が伝えた。

 リバプールは19日、ザルツブルクから南野を獲得することを発表。契約期間は2024年夏までの4年半で、移籍金は725万ポンド(約10億3000万円)とされている。冬の移籍ウィンドーが開く1月1日に正式契約を結ぶ予定だ。

 南野は今季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でリバプールと2度対戦していた。敵地アンフィールドでのグループリーグ第2節(●4-3)では、0-3から1ゴール1アシストを記録。一時同点として昨季王者を追い詰めると、ホームで迎えた第6節(●0-2)でも好パフォーマンスを披露した。この活躍がリバプール移籍を後押ししたと見られている。

 同紙は「タクミ・ミナミノがリバプールにもたらした脅威を身近なところで経験している」として、欧州CLの2試合で南野とマッチアップしたロバートソンのコメントを紹介した。

「ザルツブルクと対戦するのは困難だった。彼はチームの中心だと思っていたよ。特にアンフィールドで脅威をもたらした選手だった。3-0になった時、彼はゲームを支配し始め、少しギアを上げてゴールとアシストを記録した。だから監督は彼を見て『このプレーヤーは誰だ?』と考え始めたのかもしれない」

「彼は対戦した2つのゲームで素晴らしかった。それ以外は、彼がプレーするのを見たことはなかった。彼は僕らにとって歓迎すべき選手であり、素晴らしい選手になると確信している。1月にやってくるのを楽しみにしているよ」

 また、南野がアンフィールドで好プレーを見せた後、多くのリバプール選手がユルゲン・クロップ監督に獲得を進言したことが一部で報じられている。真相を問われたロバートソンは「いいや、僕はその中の1人ではなかった。それが本当かどうかは分からない」としつつ、「でも、もし選手たちがそうしたのなら、その理由は間違いなく分かる」と、事実であっても不思議ではないと語った。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP