beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪JYの青黒2トップが優勝ゴール!! “ガンバの南野”は大会5得点で得点王に

このエントリーをはてなブックマークに追加

得点王FW南野遥海(左)とFW鈴木大翔の2トップ

[12.28 高円宮杯U-15決勝 鳥栖U-15 0-2 G大阪JY 味フィ西]

 2トップのゴールで優勝――。ガンバ大阪ジュニアユースは攻守がかみ合い、理想的な結果で頂点に立った。高円宮杯U-15決勝でFW鈴木大翔(3年)とFW南野遥海(3年)が揃い踏み。鈴木が動き出し良く体を張ってボールをおさめれば、南野が勝負どころでチャンスを仕留め、大会5ゴール。テクニックとパワーを誇る2トップの破壊力は抜群だった。

 歓喜の瞬間を迎え、テレビインタビューでは涙を抑えられず、言葉を詰まらせた南野。通算5得点を挙げてFW冨永虹七(ヴィッセル神戸U-15)に並び、大会得点王。「嬉しいですがこれは通過点。またレベルアップして、こういう舞台で点を取って勝てるように頑張りたい」と決意を新たにした。一方で、鈴木は対照的に「最高です!」と笑顔を弾けさせた。

 電光石火の先制ゴールを挙げたのは鈴木だった。前半4分、MF桒原陸人(3年)が浮き球パスを入れ、鈴木がDFラインの背後に素早く抜け出す。飛び出してきた相手GKの位置を冷静に見極めると、技ありの右足ループを無人のゴールに沈めてみせた。

 先制後はボールを保持する鳥栖U-15に押されたものの、次に訪れたチャンスを南野が確実にゴールにつなげた。前半22分、体勢を崩しながらも左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートは左ポストを叩いてゴールマウスに吸い込まれた。いずれも超中学級の技術光るゴラッソだった。
 
 大一番での勝負強さも兼ね備えた、頼もしい2トップの活躍ぶり。「FWの2人がいつでも体を張ってくれる」と10番MF高橋隆大(3年)が信頼を語れば、主将のMF桒原陸人は「ウチの2トップは日本一」ときっぱり。梅津博徳監督も「厳しいマークに遭うし、こうして注目される中で結果を残したことは次のステージに生きていく。2人のストロングはこの年代では一番いいと思う」と称えた。

 今年はU-15日本代表の活動がスタートし、「そこから自分たちで高め合ってきた」(南野)。ラオスで開催されたAFC U-16選手権予選に出場するなど、切磋琢磨しつつ、互いを生かし合う最高のライバル関係。鈴木は「お互いが刺激し合えて、成長速度を上げられる存在」と相棒に感謝した。鈴木大翔と南野遥海。青黒の強力2トップは次のステージでも互いに高め合い、進化を続けながら、時代を築いていく。

(取材・文 佐藤亜希子)

●高円宮杯第31回全日本U-15選手権特設ページ

TOP