beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分の責任」決勝点悔やむ青森山田の守護神・佐藤は大学で“勝たせられるGK”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

青森山田の守護神GK佐藤史騎(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.13 選手権決勝 青森山田高 2-3 静岡学園高 埼玉]

 静岡学園から見れば劇的な大逆転優勝。青森山田高(青森)の立場からすると、衝撃的な敗戦だった。静岡学園の選手が表彰台に昇る中、整列していた青森山田の中で、GK佐藤史騎(3年)とDF神田悠成(3年)は顔を上げられないほど涙に暮れていた。

 青森山田の守護神は決勝点の場面を悔やんだ。2-2で迎えた後半40分、自陣右サイドで静岡学園にFKを与えると、ボールサイドにはMF井堀二昭(3年)とMF草柳祐介(3年)が立っていた。「自分の責任なんですけど、シュートがあるっていう分析も出ていて。そっち(シュート)を意識してしまったというか、そっちにふらついてしまって出れなかった」。井堀が右足で上げたクロスは、ファーサイドでフリーになっていたDF中谷颯辰(3年)の頭にピタリと合う。「静岡学園さんはトリック(プレー)を結構してくるので……。整理できたらよかったですけど、整理できなかった自分の責任です」。悔しさに涙が溢れた。

 とはいえ、守護神抜きには決勝の舞台はなかっただろう。2-1で勝利した準決勝・帝京長岡戦、GK佐藤は好セーブを連発し、勝利に大きく貢献した。その応援席には、昨年度の選手権優勝キャプテンであり正GKを務めた飯田雅浩(国士舘大)の姿もあった。「失点のことについて話をしました」というほど信頼を寄せる。決勝を迎えるにあたっては「試合前には『お前ならできるぞ』って言っていただいたんですけど、こういう結果になって申し訳ないです」と肩を落とした。

 東京都出身の佐藤は、横浜FCジュニアユースでプレーしていたときに、当時青森山田の守護神を務めていたGK廣末陸(町田)を目の当たりにして、青森での挑戦を決意した。高校サッカー最後の大会で優秀選手に選出される活躍を見せた一方、課題も見つかった。「大会を通して悪くはなかったかなと思うんですけど、決勝ではパフォーマンスがよくなかったので、勝たせられるGKになれなかった。自分の中で隙があったと思いますし、そこはこれから改善していけたらと思います」。大学では関東に戻り、東海大学でプレーをする。「がんばろうと思ってます」。プロ選手へ、佐藤は前を向いた。

(取材・文 奥山典幸)
●【特設】高校選手権2019

TOP