beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

連敗止めるも未勝利で大会終了…U-23日本代表、数的不利に陥って最終戦ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったU-23日本代表FW小川航基(水戸→磐田)

[1.15 AFC U-23選手権GL第3節 U-23日本代表 1-1 U-23カタール代表]

 U-23日本代表は15日、タイのラジャマンガラ・スタジアムでAFC U-23選手権第3戦・U-23カタール戦を迎えた。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半28分にFW小川航基(水戸→磐田)の得点で日本が先制するも、同34分にカタールにPKを沈められて1-1の引き分けに終わった。日本は1分2敗と未勝利で大会から姿を消すことになった。

 日本は12日の第2節シリア戦(●1-2)から先発6人を変更。3-4-2-1のシステムを採用し、GKに大迫敬介(広島)、最終ラインは右からDF橋岡大樹(浦和)、DF立田悠悟(清水)、DF町田浩樹(鹿島)、ボランチにMF田中碧(川崎F)とMF田中駿汰(大阪体育大→札幌)を配置。アウトサイドは右にMF相馬勇紀(鹿島→名古屋)、左にMF杉岡大暉(湘南→鹿島)、インサイドハーフにMF旗手怜央(順大→川崎F)とMF食野亮太郎(ハーツ)を並べ、1トップにはFW小川航基(水戸→磐田)が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 2連敗でグループリーグ敗退が決定している日本は意地を見せたい一戦。しかし、序盤から効果的な攻撃を仕掛けられず。前半14分には田中駿汰のパスから旗手が抜け出すが、これはオフサイドの判定に。同22分には右サイドから相馬が送ったクロスに逆サイドの杉岡が反応。ダイレクトボレーを放つが、シュートはゴール右に外れた。

 前半33分にはカタールのパスワークに翻ろうされ、DFアブドルサラムにフィニッシュまで持ち込まれるが、大迫がきっちり対応して得点を許さず。同36分には相馬のクロスを食野が落とし、反応した旗手が放ったシュートは相手選手のブロックに遭い、同37分に左サイドから切れ込んだ食野のシュートはGKの正面に飛んだ。同44分には決定機。相馬の浮き球のパスからPA内に侵入した田中駿がシュートも、ボールはゴール左に外れた。

 なかなかカタールゴールをこじ開けられずにいると、前半アディショナルタイムに日本をアクシデントが襲う。ボールをカットした後に相手選手と接触した田中碧のプレーが、VARが介入した結果、レッドカードと判定されて一発退場。日本は数的不利に陥ってしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、日本は旗手に代えてMF齊藤未月(湘南)をピッチへと送り込み、4-4-1へとシステムを変更する。SBは右に橋岡、左に杉岡、サイドハーフは右に相馬、左に食野を配置した。同10分にはカタールに決定機を創出されるが、ゴール前でフリーとなったFWアルアラクのシュートは枠上に外れて難を逃れた。

 すると後半28分、1人少ない日本が先制に成功。食野からパスを受けた小川がPA外から抑えの効いた右足シュートを放つと、相手GKの手に触れながらもネットを揺らし、スコアを1-0とした。しかし同31分、PA内でシュートブロックしようとした齊藤のプレーが、VARが介入した結果、ファウルと判定されてカタールにPKを献上。このPKをMFアルアフラクを沈められて、1-1の同点に追い付かれてしまう。

 後半38分には日本ベンチが動き、食野に代えてMF田川亨介(FC東京)をピッチへと送り込む。同44分には相馬に代えて最後のカードとなるMF松本泰志(広島)を投入する。しかし、ともに勝ち越しゴールは奪えずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP