beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

あわや無敗ストップ…大苦戦のリバプール、マネV弾でプレミアリーグ18連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

サディオ・マネの決勝点により18連勝

[2.24 プレミア第27節 リバプール3-2ウエスト・ハム]

 24日、プレミアリーグ第27節の1試合が行われ、FW南野拓実の所属するリバプールは本拠地アンフィールドでウエスト・ハムを3-2で下した。南野はベンチ入りも出番はなかった。

 18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でアトレティコ・マドリーに敗れたリバプール。その試合でハムストリングを負傷したMFジョーダン・ヘンダーソンに代えて、MFナビ・ケイタを起用し、前線にはFWモハメド・サラーとFWロベルト・フィルミーノ、FWサディオ・マネが並んだ。

 先手を取ったのはリバプールだった。前半9分、右サイド深くからDFトレント・アレクサンダー・アーノルドがクロスを送り、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが頭で合わせて先制点。しかし、12分にMFロバート・スノッドグラスの右CKからDFイサ・ディオプにヘディングシュートを決められ、すぐに同点に追いつかれた。

 ボールの主導権を握り、攻勢を強めるリバプールは前半16分、サラーが右サイドから切れ込んで左足を一閃。得意の形からのシュートはGKルカシュ・ファビアンスキに止められ、39分の左CKからのDFフィルヒル・ファン・ダイクのヘディングシュートもクロスバー上をかすめ、前半のうちに勝ち越すことはできなかった。

 降格圏18位ながら、無敗のリバプール相手に善戦するウエスト・ハムだが、後半2分にMFトマーシュ・ソウチェクが負傷交代を余儀なくされ、MFパブロ・フォルナルスを投入。すると、9分だった。右サイドからMFデクラン・ライスが上げたクロスをフォルナルスが右足ボレーで合わせ、2-1と逆転に成功した。

 リバプールが最後にプレミアリーグで黒星を喫したのは、2019年1月3日の第21節マンチェスター・シティ戦(1-2)。約1年ぶりの敗戦もよぎったが、後半23分にラッキーな形で追いつく。サイドチェンジから左サイドのDFアンドリュー・ロバートソンが縦に仕掛け、マイナスへクロスを送り、サラーが左足で合わせる。これはGKファビアンスキの正面を突いたが、まさかの後逸。リバプールが2-2とした。

 勢いづくリバプールは後半29分、左サイドからロバートソンがクロスを供給。ファーサイドのサラーが右足で合わせ、GKファビアンスキが弾いたボールにフィルミーノが反応するも押し込めず。それでも36分、DFジョー・ゴメスのシュートがPA右へこぼれ、A・アーノルドが折り返したボールをマネが押し込んで、3-2と再び勝ち越した。

 さらにリバプールは後半41分、オーバーラップしたA・アーノルドがPA右から中央へ送り、マネが合わせてゴールネットを揺らすもオフサイドの判定。43分にはFWジャロッド・ボーエンに裏を突かれ、ピンチが訪れるも、GKアリソン・ベッカーがファインセーブを披露。試合は3-2のままタイムアップを迎え、リバプールが18連勝を飾った。

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP