beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口元気は自宅待機10日目に…インスタライブで質問に回答「浦和の監督もやりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF原口元気が視聴者の質問に答えた

 トップアスリートのマネジメント業務を行う株式会社UDN SPORTSは21日、22日にインスタライブを配信。21日の配信ではサッカー界からMF香川真司(サラゴサ)、MF原口元気(ハノーファー)が出演した。

 現在、新型コロナウイルスの影響で世界中のスポーツ大会が延期に。この状況を受け、UDN SPORTSの公式インスタグラム(@udnsports)では、選手の近況を伝えることでファン・サポーターと交流できる場を設けることを目的とした生配信を行った。サッカー界からは香川と原口が、ほかにも桃田賢斗(バドミントン)、橋岡優輝(陸上)が出演した。

 原口は新型コロナウイルスでの隔離生活を語る。現在自宅待機は10日目に入っており、外出はまったくしていないことを吐露。やりたいことについて「サッカーでしょ」と語り、ファンからの質問に答えていった。

 カットインのコツについての質問には「持ち方かな。縦にも中にもどっちにも行けるよっていう持ち方をすること」とアドバイス。落ち込んだときの曲については「そんなに落ち込まないので曲に頼らないです」と強気な発言をした。ルリコ夫人の好きな料理は「和風パスタ。試合後は奥さんのうどんを食べます」とコメント。引退後の監督業には意欲を見せており、「できればこっち(欧州)でライセンス取ってこっちで監督やりたいけど、浦和の監督もやりたいです」と古巣への愛も垣間見せた。

 最後にはファンにメッセージも。「僕も10日間隔離ですが、今できることがあると思うので、ファンの皆さんも僕自身も次の楽しみに向けてがんばっていきましょう」と伝えている。

 明日22日午後7時には2日目の配信も予定されている。出演者は酒井高徳(神戸)、三好康児(アントワープ)、山口蛍(神戸)、清武弘嗣(C大阪)となっている。公式インスタグラム(@udnsports)の配信では、視聴者からの質問にも選手が答える予定で、同アカウントのコメント欄で質問も募集している。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP