beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

00~09年のインハイ青森県代表成績_05年に青森山田が東北勢37年ぶりの快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

青森山田高時代のMF柴崎岳。(写真は09年度選手権)

[2000年~2009年のインターハイ青森県代表校成績]

 00年は前年決勝で光星学院(現八戸学院光星高)に敗れて準優勝に終わった青森山田高が、インターハイ青森県予選20連覇をスタートした年だ。2回戦では現日本代表のGK川島永嗣(浦和東高)相手にFW伊藤優(→中京大)がハットトリックを達成。MFジュニーニョ(元清水)や1年生DF千葉貴仁(元C大阪、現青森山田高コーチ)も活躍した青森山田は、初めての準々決勝で優勝候補の市立船橋高(千葉1)をPK戦で破るなど、全国3位へ躍進した。

 FC東京や海外でプレーしているFW小澤竜己やMF松本怜(現大分)、FW伊東俊(現熊本)らを擁した05年に青森山田は青森県勢初、東北勢としても68年の秋田商高以来、37年ぶりとなる日本一の快挙を成し遂げた。

 作陽高(岡山)との3回戦では0-2から小澤の同点ゴール、伊東の3試合連続となる決勝ゴールで逆転勝ち。準々決勝で前年度の選手権覇者・鹿児島実高(鹿児島)をPK戦で破り、準決勝ではDF百目木雅臣(→仙台大)が決勝点を決めて桐蔭学園高(神奈川1)を振り切る。そして、決勝では那覇西高(沖縄)を仕掛け、切り替えの速さや運動量で上回り、MFベロカル・フランク(現新潟)の勝ち越し点など4-1で快勝した。

 全国制覇した翌年は東海大五高(福岡、現東海大福岡高)の前に3回戦で敗退。全国高校選手権で初めて決勝進出した09年度はMF椎名伸志(現富山)やMF柴崎岳(現デポルティボ)、GK櫛引政敏(現山形)らを擁していたが、神村学園高(鹿児島)にPK戦で敗れ、2回戦で姿を消している。 

以下、00~09年のインハイ青森県代表成績。※()内は出場回数

[2009年]
代表校:青森山田高(13)
1回戦 4-2 東海大高輪台高(東京2)
2回戦 1-1(PK5-6)神村学園高(鹿児島)

[2008年]
代表校:青森山田高(12)
1回戦 1-1(PK6-5)帯広北高(北海道2)
2回戦 0-1 鹿島学園高(茨城)

[2007年]
代表校:青森山田高(11)
1回戦 6-0 大社高(島根)
2回戦 2-1 大阪桐蔭高(大阪1)
3回戦 0-2 市立船橋高(千葉2)

[2006年]
代表校:青森山田高(10)
2回戦 4-1 大宮東高(埼玉2)
3回戦 0-7 東海大五高(福岡)

[2005年]
代表校:青森山田高(9)
1回戦 2-1 四日市中央工高(三重)
2回戦 2-1 刈谷高(愛知2)
3回戦 3-2 作陽高(岡山)
準々決勝 1-1(PK8-7)鹿児島実高(鹿児島)
準決勝 2-1 桐蔭学園高(神奈川2)
決勝 4-1 那覇西高(沖縄)

[2004年]
代表校:青森山田高(8)
1回戦 2-0 東海大五高(福岡)
2回戦 4-4(PK3-4)米子北高(鳥取)

[2003年]
代表校:青森山田高(7)
1回戦 4-0 中京大中京高(愛知2)
2回戦 1-2 多々良学園高(山口)

[2002年]
代表校:青森山田高(6)
2回戦 1-0 高知高(高知)
3回戦 2-3 多々良学園高(山口)

[2001年]
代表校:青森山田高(5)
2回戦 1-0 日章学園高(宮崎)
3回戦 2-0 高知高(高知)
準々決勝 0-2 岐阜工高(岐阜)

[2000年]
代表校:青森山田高(4)
1回戦 2-1 佐賀北高(佐賀)
2回戦 3-0 浦和東高(埼玉2)
3回戦 1-0 金光大阪高(大阪1)
準々決勝 0-0(PK4-2)市立船橋高(千葉1)
準決勝 0-1 國學院久我山高(東京2)

※禁無断転載(C)高校サッカー年鑑、ゲキサカ


●【特設】高校総体2020

TOP