beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

信頼されるキャプテンへ。柏U-18DF戸田伊吹が迎える決意の1年

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏レイソルU-18の新キャプテン、DF戸田伊吹

[2020シーズンへ向けて](※柏レイソルの協力により、電話取材をさせて頂いています)

 そのプレーを一目見れば、すぐに抜群のサッカーIQを持ち合わせていることがわかる。加えて今シーズンから託された新たな重責が、さらなる自覚を自らに促している。「やっぱりアカデミーのキャプテンという役割は伝統がありますし、責任感も凄く感じています」。伝統の4番を背負った柏レイソルU-18の新キャプテン。戸田伊吹(3年)は決意の1年を迎えている。

 2019年は飛躍の年だったと言っていいだろう。U-15加入時に初めてもらった番号だという、思い入れのある“20番”を付けた戸田は、プレミアリーグEAST開幕戦にボランチとして出場。中盤でバランスを注視しつつ、柏のアカデミーらしく2人のセンターバックの間に落ちて、ビルドアップへスムーズに加わる場面も。レギュラーの大半が入れ替わったチームの中で、2年生ながら確かな存在感を放っていた。

 ケガもあって、一時はスタメンを外れる時期も経験したものの、後半戦はセンターバックでの出場が増えていく。チームの骨格を担う位置での起用は、首脳陣の期待の表れとも取れたが、本人は少しの後悔を抱えて、当時を振り返る。「通用した部分ともっと磨かないといけない部分は感じましたし、3年生の代ではありましたけど、『もっと自分が中心という気持ちをもって挑めたんじゃないかな』という反省はありますね。『もっともっとできたんじゃないかな』と感じた所はあります」。

 印象的だったのはプレミア最終節。メンバーにはそれまで出場機会のなかった3年生も名前を連ね、交替も含めてその全員がピッチに登場する。7-4という打ち合いを制し、タイムアップを迎えた日立台のピッチに戸田も立っていたが、その周りにいたのは10人の3年生だった。「本当に去年の3年生にはお世話になりまくっていて、ずっと仲良くしてもらっていたので、『最後に3年生と一緒に良い試合ができたらな』と思っていましたし、一昨年もスギ(杉井颯=ツエーゲン金沢)が同じような感じになっていて、そういうメッセージもあるのかなと感じていました」。年が明け、『そういうメッセージ』の予感は的中する。山中真監督からキャプテンの指名を受け、戸田は覚悟を持ってそれを受け入れた。

 イメージしているキャプテン像は2つある。1つは日本を代表するキャプテン。「自分の中では長谷部誠選手の存在が大きくて、センターバックやボランチの2つのポジションができる所もそうですし、圧倒的なキャプテンシーに惹かれますね。自分もそうなりたいという憧れがあります」。もう1つは2歳年上のキャプテン。「スギには本当にお世話になっているので、憧れではあります(笑)」。トップ昇格を果たし、現在はツエーゲン金沢に期限付きで移籍している杉井颯も、同じ4番を背負ったリーダーだった。彼らの姿を思い浮かべながら、自分なりのキャプテン像をこれから模索していくことになる。

 前述してきたように、主戦場はボランチとセンターバック。今年はDF登録だが、両方のポジションでプレーできるのは自身にとっても、チームにとっても大きな強みだ。

「開幕前の練習試合はほとんどセンターバックだったので、『今年はセンターバックなのかな』という想いもありますけど、真さんにも『伊吹はどっちでもできるから、伊吹がいるからこそできる戦術もある』と言われていますし、そこはどっちも磨いていかないといけないかなと思っています。去年以上のクオリティで、両方を高いレベルでこなしたいですし、そこが自分の生き残る道というか、賢くプレーする所は大事にしている部分です」。伝統の4-3-3だけではなく、試合に応じたシステムや戦い方を駆使する山中監督にとっても、戸田の存在が頼もしいことは言うまでもない。

 今年は高校最後の1年であり、キャプテンを任されたからこそ、現状への歯がゆさも隠せない。「メチャメチャ悔しいですね。去年だったらプレミア優勝まであと一歩の所まで行っていたのに、勝ち切れなくて悔しい想いをして、それこそ去年から出ていた選手も多く残っていますし、『今年こそやってやるぞ』という中でこういう状態になってしまったので、やりきれない感じやもどかしさは強いです」。だからこそ、懸命にモチベーションを保ちながら、再び仲間とボールを追いかけることの叶う日に向けて、黙々と今できることをこなしつつ、力強く前を向く。

“伊吹”という名前は自分でも気に入っている。「父親の実家の近くに伊吹山という山があって、『その山のようになってほしい』というのが由来だと聞いたことがあります」。霊峰として知られ、『古事記』や『日本書紀』にも登場する名山のように、雄大なプレーの似合う選手になるため、ここからの自分に課しているハードルはもちろん低くない。

「目標はチームとしては三冠を獲ることで、プレミアやクラブユースは延期になっていますけど、目指す場所は変わらないので、みんなで自分自身に目を向けて精一杯取り組んでいきたいということと、個人の目標はトップに昇格することだけなので、そこに向けて自分ができることを日々積み重ねていきたいと思っています」。

 伝統の4番を背負った柏レイソルU-18の新キャプテン。戸田伊吹は決意の1年を迎えている。

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

▼関連リンク
SEVENDAYS FOOTBALLDAY by 土屋雅史

TOP