beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ツーブロック禁止より、なんとかした方がいい」元Jリーガー下村氏が部活の“悪しき習慣”を指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加

山形時代の下村東美

 元Jリーガーの下村東美氏が17日、自身のツイッター(@tomi_shimomura)を更新し、「ツーブロック禁止」について持論を述べた。

 ツーブロックとはヘアスタイルを表す名称の1つで、主にトップよりもサイドや襟足を短めにカットし、段差ができるような髪型を指す。先日、SNSを中心に、一部の都立高校でツーブロックを禁止する校則が話題となった。

 下村氏はツイッターで「ツーブロック禁止より、未だに野球部やサッカー部にある訳の分からない坊主制度をなんとかした方がいい……と高校1年時、坊主にさせられた俺が語る」と自分の経験を踏まえて語っている。

 また、ユーザーから寄せられた意見に返答する形で「坊主にしてもサッカーは上手くならないですし、人間性も磨かれません…。戦後教育の流れなのか、悪しき習慣以外の何物でもないです…」と指摘し、罰則としての坊主にも「坊主にしても何も変わりません…。変わるのは髪型だけです(笑)」と言及。一方で坊主自体を批判しているわけではなく、「自ら進んでの坊主は良いですね」とも語った。

 札幌一高と大阪体育大出身の下村氏は、現役時代に対人プレーの強さを持ち味にボランチとして活躍。C大阪、千葉、山形、湘南、北九州、LB-BRB TOKYO(東京都1部)などに所属し、引退後の2019年シーズンの1年間、湘南でトップチームコーチを務めていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP