beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

セクハラ疑惑のビジャに関してスペイン選手協会が声明

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸時代のダビド・ビジャ

 スペインサッカー選手協会(AFE)が24日に公式ツイッター(@afefutbol)を更新し、セクハラ疑惑をもたれる元スペイン代表FWのダビド・ビジャ氏をサポートする声明を発表した。

 昨季に神戸で現役を引退したビジャ氏は、2018年までニューヨーク・シティ(アメリカ)に所属。そのニューヨーク・シティが22日、元スタッフの女性がツイッターで過去のビジャ氏からのセクハラを告発したことを受け、この件について調査を開始すると表明していた。

 一方、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ビジャ氏は代理人を通じてセクハラ疑惑を完全否定。告発は「全くの嘘」とし、「すぐに明らかにされ、真実が語られることを望んでいる」と述べた。

 AFEもビジャ氏を支持する立場であることを示している。ツイッターで「ここ数時間で出てきた情報を踏まえ、AFEは必要な全てのものをダビド・ビジャが利用できるようにする。我々は彼をサポートし、無実の推定が全ての市民のための基本的な権利であることを彼に思い出させる」とメッセージを送った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP