beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

急逝から丸9年…横浜FMが故・松田直樹のスペシャルムービー公開「甘え上手で憎めない性格だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月4日に亡くなった元日本代表DF松田直樹さん

 横浜F・マリノスは4日、元日本代表DF松田直樹さんのスペシャルムービーを公開した。松田さんは2011年8月4日、猛暑の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、34歳の若さで急逝した。

 前橋育英高を卒業後、1995年から横浜マリノス(現・横浜FM)に加入した。2003年、04年にはキャプテンとしてJリーグ連覇に貢献。世代別代表にも選ばれ、アトランタオリンピックには当時の日本サッカー史上最年少の19歳4か月で出場。02年の日韓ワールドカップではフラットスリーの一角としてベスト16進出を成し遂げた。

 16年間を横浜FM一筋でプレーしたが、10年に退団。11年には当時JFLに所属していた松本山雅FCに加入した。しかし同年8月2日の練習中に倒れ、その2日後に34歳の若さでこの世を去った。

 横浜FMが公開した動画には、元チームメートの川口能活氏や波戸康広氏、那須大亮氏、坂田大輔氏、栗原勇蔵氏、横浜FMのMF水沼宏太が登場。それぞれが思い出話を語っている。

 川口は「本当に素晴らしい能力を兼ね備えていて、彼の能力に嫉妬していたときもありました」と振り返る。その内面についても「甘え上手なところもあって、憎めない性格でした」と思い出しながら笑みを浮かべた。

 どの人物も口にするのは、そのプレースタイルを表す豪快な性格と、ピッチ外での優しい一面。18年に現役を引退した川口は「マツが生きていたら相談したかった」とも。「相談したときにどういう言葉をかけてくれるかなとすごく思うところもあります」と語っている。

以下、スペシャルムービー「#FOREVER3 松田直樹を忘れない 2011.8.4」
https://youtu.be/PrzpmkZZ3Po


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP