beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[RYUKEI CUP U-18]ボール支配して京都橘に快勝も、昌平「もっとできることがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

昌平高の技巧派ボランチ、MF小川優介は2アシストの活躍

[8.17 RYUKEI CUP U-18 昌平高3-0京都橘高 RKUフットボールフィールドB]

 コロナ禍において主要大会も中止となり、選手たちの真剣勝負の舞台が失われつつある中、選手やチームへの真剣勝負の場を用意し、秋以降の大会へ向けて強化を図ることを目的とした「2020 RYUKEI CUP U-18」が17日に開幕。昨年度選手権8強の昌平高(埼玉)と昨年度インターハイ4強・京都橘高(京都)との強豪対決は昌平が3-0で快勝した。

 立ち上がりは京都橘が押し込む展開だった。2年生MF鎌田翔大らが相手のミスを逃さずにボールを奪い、仕掛けに繋げていく。だが、京都橘は徳島内定、特別指定されたエースFW西野太陽(3年)が不在。Jスカウト陣が熱視線を送る2年生FW木原励が鋭い抜け出しからゴールへ迫るシーンがあったものの、全体的に攻め切る回数が少ない。怪我を抱えるMF中野晃弥主将(3年)が前半途中に交代したこともあり、昌平にボールを支配されてしまう。

 昌平はこの日、日本高校選抜候補MF柴圭汰(3年)とMF小川優介(3年)のダブルボランチがボールを保持しながら動かす部分、読み切ってボールを奪う部分でも出色の出来。小川とのホットラインからU-18日本代表FW小見洋太(3年)が相手の背後を突き、怪我明けの日本高校選抜MF須藤直輝主将(3年)もキレのあるドリブルでゴールへ迫った。

 そして21分、ドリブルで持ち上がった小川がスルーパス。これを受けた2年生MF平原隆暉がカットインからの右足シュートで先制点を叩き出した。その後も小見が角度の無い位置から強烈な一撃を見舞ったり、CB唐木晃(3年)が決定的なヘッドを放ったりする昌平に対し、GK前田宙杜(3年)中心に凌ぐ京都橘も木原がエンドライン際で2人抜きのドリブルを見せるなど反撃。だが、次の1点は昌平が奪った。

 後半10分、須藤のループパスをPAで受けた小見が、右サイドの角度の無い位置から左足のパワーショット。逆サイドのポストを叩いた一撃がゴールラインを越えた。京都橘もショートカウンターから木原がシュートを連発。だが、昌平GK青木陸(3年)の好守に遭うなど1点を奪うことができない。京都橘は左WB杉本蓮(3年)の縦への仕掛けなどで押し返そうとしたが、昌平は全体的に守備意識も高く、簡単には自陣への侵入を許さなかった。

 終盤は昌平が京都橘を敵陣に押し込み続け、アディショナルタイムに小川のラストパスから平原が左足でこの日2点目のゴール。関東、関西の強豪校対決は昌平が制した。その昌平は須藤、小見、柴、小川という昨年からの主軸が際立つ存在感を示し、右SB田島魁人(3年)や平原、早くも先発出場中の1年生MF荒井悠汰が台頭。コロナ禍によって活動自粛期間が長かったにもかかわらず、他の対外試合でもライバルを上回るような巧さと強さを示している。

 それでも、選手たちからは「もっとできる」の声。須藤は「上には上がいて、まだ(青森)山田ともやっていないし、プロをいっぱい輩出している興國ともやっていない。本当に1試合1試合大事ですけれど、満足している試合はみんな無いと思います。もっとできることがあるからこそ、みんな満足していないと思うので、もっともっとみんなで話し合ってやっていきたい」。目標はあくまで選手権日本一。これから訪れるであろう上手くいかない試合、苦しい試合でも乗り越える強さを身につけて選手権の舞台に立つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP