beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ルヴァン敗退も首位独走の川崎F、小林悠V弾でまたも9連勝!! 仙台は2か月勝利なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW小林悠の決勝ゴールで川崎Fが勝利

[10.10 J1第21節 川崎F1-0仙台 等々力]

 J1第21節が10日に行われ、首位を独走する川崎フロンターレベガルタ仙台を1-0で下した。川崎Fは7日のルヴァン杯準決勝敗退で大会連覇と3冠が潰えたが、王座奪還に向けて今季2度目の9連勝を飾った。

 川崎Fは序盤からボールを保持し、前半18分にビッグチャンス。MF大島僚太のスルーパスに走り込んだFW小林悠が決定的なシュートを打ったが、至近距離でGKヤクブ・スウォビィクが好セーブ。こぼれ球に小林が自ら詰めたが、これは右ポストを叩いた。

 それでも41分、MF三笘薫の縦パスで裏に抜け出した小林がDFアピアタウィア久を振り切って左足シュート。GKに当てたシュートがゴールマウスに吸い込まれ、先制に成功した。小林はチームトップとなる今季12得点目をマークした。

 後半6分、川崎Fは三笘がPA手前の位置でFKを獲得し、キッカーのMF中村憲剛が回転をかけた右足キックで壁の上を抜いたが、惜しくもクロスバーを叩いた。さらに後半13分、三笘のスルーパスからDF車屋紳太郎が折り返し、小林が右足で合わせたが、再び左ポストを直撃。そのまま川崎Fが1-0で逃げ切り、9連勝を飾った。仙台は8月8日の第9節神戸戦(○2-1)を最後に2か月未勝利が続いている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP