beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「WEリーグ」初年度参入11クラブが決定!! 大宮、広島の新クラブも参加へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新たに参入する11クラブ

 来年秋の開幕を控える日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」は15日、初年度から参入する11クラブを発表した。

 参入クラブはマイナビ仙台レディース、大宮アルディージャ、ちふれASエルフェン埼玉浦和レッズレディースジェフユナイテッド千葉レディース日テレ・東京ヴェルディベレーザノジマステラ神奈川相模原AC長野パルセイロ・レディースアルビレックス新潟レディースINAC神戸レオネッサ、サンフレッチェ広島。現行のなでしこリーグ1部・2部から9クラブが選ばれた他、Jリーグ加盟の大宮と広島が新たに立ち上げるクラブも参加することが決まった。

 参入クラブの選定は7月末までに入会申請していた17クラブの中から、リーグ理念への共感や財務基準の他、「意思決定者のうち少なくとも1名は女性にすること」「運営法人の役職員のうち50%以上を女性とすること」といった独自の条件に沿って審査が行われた。

 日本初の女子プロサッカーリーグとなるWEリーグは今年7月に発足。来年2〜7月にプレシーズン大会を開催し、来年9月に開幕を迎える。

TOP