beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

直前検査は全員陰性…神戸がカタールACLに向けた練習初日を終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACLに臨むFW藤本憲明

 ヴィッセル神戸は21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けてカタールで練習を行った。

 神戸の公式ツイッター(@visselkobe)では、細かく現地の様子を伝える。新型コロナウイルスの検査で全員が陰性判定を受け、21日に練習初日を迎えた。初日は体を軽く動かす程度の練習のみ。翌日からより強度を上げた練習に取り組むという。

 公式ツイッターでは、FW藤本憲明のコメントを紹介。練習場について「芝が硬ーる(カタール)」と通常運転の様子を見せつつ、「(天皇杯優勝のような瞬間を)味わいたい」と意気込みも語っていた。

 昨季天皇杯王者の神戸はACL初挑戦。ホームで行われた第1節ではジョホール(マレーシア)に5-1で快勝し、敵地での第2節・水原三星(韓国)戦もFW古橋亨梧の得点で1-0の勝利を収めた。25日の第3節、28日の第4節では中国王者・広州恒大と対戦。MFパウリーニョや大型FWタリスカといったブラジル人プレイヤーも所属する強敵との2連戦になる。

【グループG順位表】
1.神戸(日本)(3)+1
2.広州恒大(中国)(0)0
3.水原三星(韓国)(0)-1
-.ジョホール(マレーシア)(-)-
※ジョホールはコロナ禍で渡航許可下りず大会棄権

●ACL2020特設ページ

TOP