beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

福岡のJ1昇格決定!! J参入から続く驚異の“5年周期”神話またも継続

このエントリーをはてなブックマークに追加

就任1年目でJ1に導いたアビスパ福岡の長谷部茂利監督

[12.16 J2第41節 愛媛0-2福岡 ニンスタ]

 J2リーグは16日、第41節が行われ、2位のアビスパ福岡が21位の愛媛FCを2-0で破った。他会場で3位のV・ファーレン長崎が引き分けたため、最終節を待たずに5年ぶり4度目のJ1昇格が決定。J参入の1995年から続く“5年周期”神話は今季も健在だった。

 前節から中2日で迎えた一戦、アウェーの地に乗り込んだ福岡が強さを見せた。序盤こそ愛媛の巧みなボール回しに振られ、相手に主導権を譲ったが、前半19分にセットプレーから先制点。MFエミル・サロモンソンの右CKをニアでDF上島拓巳がそらし、ファーのFW山岸祐也が力で押し込んだ。

 さらに前半アディショナルタイム1分、福岡はGKセランテスのゴールキックをFWフアンマ・デルガドが頭で落とすと、相手の背後で受けたFW遠野大弥が巧みなトラップでボールを浮かせ、左足でバウンドさせてハーフボレーシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、2-0としてハーフタイムを迎えた。

 他会場では長崎がヴァンフォーレ甲府を1点リードしてハーフタイムへ。このままでは今節の昇格決定はお預けとなる状況だったが、甲府が後半22分に同点ゴールを奪う。福岡は後半に入るとうまく試合を運んで時間を進め、失点リスクを避けながら2-0で勝利。長崎がそのまま引き分けたため、福岡は3位との勝ち点差を4に広げ、最終節を残してJ1昇格を決めた。

 福岡は2005年、2010年、2015年に続いて5年ぶり4度目のJ1昇格。1995年にはJFLを制してJリーグ参入、2000年にはいまも破られていないJ1最高位の12位躍進を果たしており、数奇な“5年周期”神話がまたしても続いた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP