beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山梨学院が見せた「魂の守備」…鹿島学園の猛攻しのいで2回戦突破!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

完封勝利の山梨学院高(山梨)が3回戦進出(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[1.2 全国高校選手権2回戦 山梨学院高1-0鹿島学園高 NACK]

 第99回全国高校サッカー選手権2回戦が各地で行われ、NACK5スタジアム大宮の第2試合では3年ぶり7度目の出場となる山梨学院高(山梨)と4年ぶり9回目の出場となる鹿島学園高(茨城)が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半13分に先制した山梨学院が逃げ切って1-0の完封勝利を収め、3回戦で藤枝明誠(静岡)と対戦する。

 試合開始早々の前半5分にゴールを脅かしたのは山梨学院だった。FW野田武瑠(3年)のスルーパスからFW久保壮輝(3年)が抜け出すが、右足から放ったシュートはゴール右に外れた。その後は両チームともにゴールに迫るが、同35分のFWエゼ・トベチク(3年)の直接FKが枠を外れるなど、前半をスコアレスで折り返す。

 0-0のまま後半を迎えると、立ち上がりは立て続けに鹿島学園が好機を生み出す。同2分にはDF荒木駿輔(3年)のロングスローの流れからゴール前が混戦になると、エゼ・トベチクが意表を突いたヒールシュート。ボールはゴールに向かったが、好反応を見せたGK熊倉匠(3年)に弾き出されてしまう。さらに同10分には右サイドを駆け上がったFW押久保弘人(3年)のクロスを、エゼ・トベチクがドンピシャのタイミングのヘッドで合わせるも、クロスバーを叩いてしまった。

 すると、山梨学院が一瞬の隙を突いて先制に成功。後半13分、右サイドからFW茂木秀人イファイン(2年)が送ったクロスをMF広澤灯喜(3年)がPA内で拾うと、右足のシュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 その後は、1点を追う鹿島学園が猛攻をかける。しかし、後半15分に押久保、そして同20分にエゼ・トベチクが放ったシュートがともに熊倉に阻まれるなど、同点ゴールを奪えず。鹿島学園の猛反撃をしのぎ切った山梨学院が1-0の完封勝利を収めた。

 1点を守り切っての勝利。山梨学院を率いる長谷川大監督は「魂を感じるような守備。非常に頑張った。相手の平均身長は今大会でも一番大きいと思う。セットプレーのポジショニングや、そこにいくまでの準備で主導権を握りたいと思って臨んだので、何回かクリーンなシュートもあったが、よく防いでくれた」と粘り強く戦った選手たちに労いの言葉を贈った。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク●【特設】高校選手権2020

TOP