beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東Rookie League]C LeagueMVP:日体大柏MF吉田眞翔「一つ一つのプレーを大事にして、ゴールを決められるストライカーになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「2020 関東Rookie League」C LeagueMVPの日体大柏高MF吉田眞翔

 関東・静岡の強豪校の1年生たちがリーグ戦で力を磨く「2020 関東Rookie League」は11月23日の閉幕後、各賞受賞者を発表した。C LeagueのMVPは日体大柏高(千葉)のMF吉田眞翔(1FC川越水上公園出身)が獲得。推進力のある縦への動きとリーグ5得点の決定力も示した吉田が、「2020 関東Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―CリーグMVPに選ばれましたが、受賞した感想を教えてください。
「チームに貢献できてうれしいです」

―本年度のルーキーリーグを振り返って、リーグ戦中に自分が出せたところは?
「ボールを受けてから力強いドリブルで持ち込み、ゴールを決めることが持ち味で、試合中に何度か発揮することができました」

―逆に課題となったところは?
「タッチやパスミスなど簡単なプレーでミスすることが多く、減らしていくことが課題です」
 
―自分のプレーで見て欲しいところは?
「チームのためにハードワークをするところ、前を向いた時の推進力、そしてゴールに対する貪欲さです」

―憧れの選手は?
「リバプールの南野拓実選手です。理由は同じポジションで世界で活躍している南野選手に憧れがあるからです。プレースタイル的にも参考にしたい部分が多く、出場試合は常に観て勉強しています」

―今後の個人の目標は?
「一つ一つのプレーを大事にして、ゴールを決められるストライカーになる!」

―チームの目標は?
「日頃のトレーニングや試合で『勝負にこだわり』、個々のレベルやチームのレベルをあげて全国大会出場を目指す!」

(取材協力 日体大柏高校サッカー部、スポーツらぼ御殿場 構成 吉田太郎)
▼関連リンク
●2020 関東Rookie League特集ページ

TOP