beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鈴木優磨が2戦連続2ゴールで得点ランク3位に浮上!! シュミットも出場したシントトロイデンは2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW鈴木優磨が2ゴールの活躍

[1.20 ベルギー・リーグ第25節 コルトライク0-2シントトロイデン]

 ベルギー・リーグ第25節が20日に開催され、FW鈴木優磨、GKシュミット・ダニエル、FW伊藤達哉、DF松原后、FW中村敬斗の所属するシントトロイデンは敵地でコルトライクと対戦し、2-0で勝利を収めた。スタメン出場した鈴木は全2ゴールを奪う活躍。17日のルーベン戦(○3-1)に続く2試合連続の2得点で今季12ゴールとし、得点ランキング3位に浮上した。また、シュミットは先発フル出場で完封に貢献。伊藤、松原、中村はベンチ外だった。

 シントトロイデンは前半12分、右CKの流れからMFクリス・ダーキンがPA内で倒され、PKを獲得。同14分にPKキッカーを担った鈴木が右足でゴール左を狙うも、GKマルコ・イリッチに止められる。ところが、イリッチが先に前へ出ていたとして、主審は蹴り直しを指示。同15分に鈴木が再びゴール左へシュートを放ち、今度はネットを揺らしてみせた。

 前半アディショナルタイム1分には左サイドを突破したDFリベラート・カカセがマイナスに折り返し、ニアのFWイロンベ・エムボヨがスルー。その奥でフリーとなった鈴木が左足でゴール左に流し込み、2-0とする。2戦連続2得点の鈴木は今季ゴール数を12に伸ばした。

 鈴木は後半35分にFWアレクサンドゥル・フィリポフと交代。シントトロイデンはシュミットらを中心に無失点で試合を終え、2連勝を飾った。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP