beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チョウ監督初陣の京都が白星スタート! J2初参戦の相模原は堅守発揮もセットプレー&ミドルに沈む

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都サンガF.C.が白星スタート

[2.28 J2第1節 相模原0-2京都 ギオンス]

 J2リーグは28日、第1節を各地で行い、京都サンガF.C.がJ2リーグ初参戦のSC相模原がを2-0で破った。

 ホームの相模原は記念すべきJ2昇格初戦。昨季J3リーグで2位躍進に導いた元日本代表MF藤本淳吾、MF梅鉢貴秀に加え、新加入の竹重安希彦(←横浜FC)、DF後藤圭太(←岡山)、DF川上竜(←北九州)、DF石田崚真(←磐田)、FW平松宗(←富山)ら新加入組も先発に名を連ねた。

 対する京都はチョウ・キジェ監督の就任初戦。4-3-3のシステムを採用し、DF荻原拓也(←浦和/期限付き移籍)、MF松田天馬(←湘南)、MF白井康介(←札幌/期限付き移籍)が先発した。一方、昨季得点王のFWピーター・ウタカはベンチに控えた。

 この日の相模原ギオンスタジアムではピッチを縦断するように強風が吹く中、先に主導権を握ったのは風上の相模原。自陣からのロングフィードで平松やFW和田昌士を狙って京都守備陣を押し込むと、スローインではDF梅井大輝のロングスローで脅威を与えた。

 だが、後藤、平松らのシュートが不発に終わると、京都も徐々にペースを取り戻す。荻原、DF飯田貴敬の両サイドバックが高い位置を取り、アタッキングサードで密集攻撃を展開。松田、MF福岡慎平、MF川崎颯太の中盤3枚がうまく絡み、相模原ディフェンスをペナルティエリア内に足止めした。

 それでも試合は動かず、0-0のままハーフタイムへ。後半開始時、相模原は和田に代わってJ2デビューのMF安藤翼(←八戸)、京都は白井に代わってMF中野克哉を入れ、フレッシュなメンバーで残り45分間に備えた。

 後半は風上となった京都が一方的に試合を進め、10分には荻原の強烈なクロスボールが竹重のファンブルを誘う決定機。だが、これに詰めたFW李忠成が触れたボールは枠を外れた。直後、チョウ監督は李に代わってウタカを投入した。

 対する相模原は藤本に代わってG大阪から期限付き移籍のMF芝本蓮を投入。それでも京都のハーフコートゲームは続き、左右からのクロスでチャンスをつくった。すると後半38分、ついに均衡が破られた。左からのCKを松田がゴール前に送り込むと、合わせたのはDFヨルディ・バイス。強烈なヘディングシュートをゴール左隅に突き刺した。

 自陣に押し込まれながらも奮闘していた相模原にとっては痛い失点。会場から反撃を期待する拍手が送られる中、リスクを負って攻め込んでいく。ところが後半41分、京都は途中出場の新加入MF三沢直人(←鳥取)が強烈なミドルシュートを叩き込み、J2デビュー戦初ゴールで追加点を奪取。J1復帰を狙う京都が終盤の2発で勝ち点3を奪った。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP