beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仙台がエースFW西村の決勝ヘッドで今季初勝利!! ホームでは518日ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.1 J1第12節 仙台1-0柏 ユアスタ]

 J1リーグは1日、第12節を各地で行い、ベガルタ仙台柏レイソルに1-0で勝利した。ロシアの名門CSKAモスクワから復帰したエースFW西村拓真が決勝点を沈め、開幕11試合目で今季初白星。一方の柏は連勝が3でストップした。

 仙台にとっては波乱の幕開けとなった。前半20分、プレーとは関係ない場所でFW赤崎秀平がピッチに倒れ込み、起き上がれないまま担架でピッチ外へ。そのまま救急搬送され、MF氣田亮真が送り込まれた。

 それでもバランスを崩すことなく、試合は0-0のまま後半へ。一進一退の攻防が続く中、柏は21分、新加入のFWペドロ・ハウルとFWドッジを投入。対する仙台の手倉森誠監督もMF関口訓充とFW加藤千尋に代わってMFフォギーニョとDF蜂須賀孝治を送り込んだ。

 すると後半23分、ついに試合が動いた。仙台は右サイドでパスを受けた蜂須賀が右サイドから左足でインスイングのクロスボールを送り込むと、ゴール前で反応したのは西村。うまく軌道をそらしたヘディングシュートを流し込み、貴重な先制点となった。

 その後は柏が主導権を握ったが、仙台がMF石原崇兆やDF吉野恭平のシュートブロックと、GKヤクブ・スウォビィクのファインセーブで耐えてシャットアウト。仙台はこれが今季のリーグ戦初白星。ホームでは2019年11月30日の第33節大分戦(○2-0)以来518日ぶりの勝利となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP