beacon

パリ五輪出場のU-23日本代表、6月海外遠征はアメリカに決定! 五輪出場国U-23アメリカと2度対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-23日本代表

 日本サッカー協会(JFA)は11日、パリオリンピックに出場するU-23日本代表が6月にアメリカ遠征を行うことを発表した。

 JFAによると、U-23日本代表は6月7日(開始時間未定/非公開)、11日(日本時間12日午前9時開始/テレビ放送調整中)にアメリカのカンザスシティでU-23アメリカ代表と2度対戦。アメリカもパリ五輪出場を決めており、本大会で日本はグループリーグD組、アメリカはA組となっている。

 JFAを通じ、大岩剛監督は「パリオリンピック 2024の出場権を獲得してからオリンピック本大会までの限られた時間の中、同じくオリンピックに出場するU-23アメリカ代表と対戦できることは、非常に貴重なチーム強化の機会になります」とコメントした。

 アメリカとは昨年10月のアメリカ遠征で対戦しており、日本は1-4で完敗。指揮官は「昨年10月にも同アメリカ代表と対戦し、敗れたことは鮮明に記憶しています」と振り返りつつ、「チームとして決して悪い内容ではなかったですが、多くの気づきを得た試合でした。本大会で勝ち上がるためにも、まずは目の前のアメリカとの再戦に勝利できるよう、しっかりと準備を進めていきます」とリベンジを誓った。

●パリオリンピック(パリ五輪)特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP