beacon

J1復帰を目指す2位・清水は痛恨黒星…熊本が3発逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.28 J2第40節 清水 1-3 熊本 アイスタ]

 J2リーグは28日、各地で第40節を開催した。18位ロアッソ熊本は敵地で2位清水エスパルスと対戦。3-1で勝利した。

 J1昇格を狙う清水とJ2残留を目指す熊本の一戦。試合は立ち上がりからホームチームが攻勢に転じた。清水は前半4分、左サイドでフリーキックを得ると、DF山原怜音が右足で入れたボールにDF高橋祐治がヘディング弾。シュートは目の前にいたDF鈴木義宜の頭に当たってクロスバーに直撃した。

 さらに清水は前半6分、FWチアゴ・サンタナが左サイドから攻撃を仕掛けると、MFカルリーニョス・ジュニオを経由してペナルティエリア内右にいたMF中山克広へ。ワントラップから左足を振っていったが、このシュートはGK田代琉我にセーブされた。

 ここまで攻め込まれていた熊本は前半21分、左サイドでフリーキックを得ると、MF平川怜が右足で蹴り込んだボールにMF阿部海斗。頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、こちらはオフサイドの判定となった。

 すると、先にスコアを動かしたのはホームチーム。清水は前半26分、左サイドのカルリーニョス・ジュニオが起点となると、パスを受けたMF乾貴士がインサイドへドリブルで侵入。ペナルティエリア内の中山に預けると、反転から右足でゴール左下に流し込んだ。

 先制を許した熊本だが、前半のうちに試合を振り出しに戻す。同アディショナルタイム2分、左サイドでコーナーキックを得ると、平川が右足で入れたボールに阿部がヘディング弾。一度はGK権田修一に阻まれたが、こぼれ球をFW{伊東俊}}が押し込んで同点とした。

 1-1で迎えた後半も清水ペースで試合が進む。しかし、次のゴールを決めたのはアウェーチームだった。熊本は後半11分、敵陣中央で相手のボールを奪うと、そこからカウンターへ。FW島村拓弥のラストパスに抜け出した平川が落ち着いて決めて逆転に成功した。さらに熊本は同22分、伊東が遠めから右足を振り抜いてフィニッシュ。豪快なシュートをゴール右下に突き刺してリードを広げた。

 2点ビハインドの清水は後半22分に2枚替え。チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオに代えてFW北川航也、MF神谷優太をピッチへ送り込んだ。点差を広げて試合を優位に進める熊本はパスを繋いでボールを保持。失ったあとも冷静に対応してゴールを許さない。清水は同29分にMF岸本武流、MF宮本航汰を投入して反撃を試みた。

 熊本は最後まで清水の猛攻を凌いで3-1で勝利。J1復帰を目指す清水にとっては痛い黒星となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP