beacon

マンU、リバプールに続いて“大台”到達!! アーセナルがサカの一撃でアストン・ビラ撃破…冨安はメンバー外

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFブカヨ・サカのゴールでアーセナルが勝利

[3.19 プレミアリーグ第30節 アストン・ビラ 0-1 アーセナル]

 プレミアリーグは19日、第30節が開催され、DF冨安健洋が所属するアーセナルがアストン・ビラのホームに乗り込み、1-0の完封勝利を収めた。復帰の可能性も報じられた冨安だったが、メンバー外となった。

 ミッドウィークに開催された第27節リバプール戦で0-2の完封負けを喫し、連勝が5連勝で止まったアーセナルにとって仕切り直しの一戦。前半3分、右サイドからMFブカヨ・サカ、MFマルティン・ウーデゴーアとつないだボールからMFエミール・スミス・ロウが好機を迎えるも、シュートは枠を外れてしまった。

 しかし、前半30分に試合を動かしたのはアーセナル。右サイドからDFセドリック・ソアレスが送ったクロスの流れから、最後はサカがPA外から左足のシュートをねじ込んでスコアを1-0とした。データサイト『Opta』によると、マンチェスター・U(現在2176ゴール)、リバプール(同2002ゴール)に続き、このゴールはアーセナルにとってプレミア通算2000ゴール目となった。

 1-0とアーセナルがリードしたまま後半を迎えると、後半23分にアストン・ビラがゴールを脅かす。しかし、右サイドから切れ込んだFWオリー・ワトキンスのシュートは相手に当たってコースが変わると右ポストを叩き、ネットを揺らすには至らなかった。

 その後も両チームにゴールは生まれず。逃げ切ったアーセナルが1-0の完封勝利を収めた。

●プレミアリーグ2021-22特集

TOP